新車購入ならお得な未使用車(新古車)をお薦め

よく耳にする未使用者(昔は新古車といっていた)とはどういうものでしょう。簡単にいうとカーディーラーが自社の名義で新車登録したものです。これはディーラーの販売目標達成のために転売前提に自分で買った車ということです。これを自社で一般客に売ったり中古車業者に流したりしています。
自動車メーカーやカーディーラーの決算期3月や九月にあわせて出荷や仕入れに販売支援金等という安く売るための対策費をメーカーがディーラーに出し拡販させようとするものです。
メーカーは一般客に登録販売されようがディーラーが自社で登録しようが数字さえ上がればいいのです。
ディーラーはメーカーとの契約ノルマの台数によって仕入れ値が変わったりするので、それを見越して安く売ったりしているので契約仕入れ台数は絶対達成しなくちゃいけないので不足分をこの時期に仕入れ、一旦自社で登録し未使用の中古車として一般客に販売するのです。
現車はほぼ輸送時と保管場で移動させた僅かな距離しか走ってないものばかりです。
メーカーは素早く転売しないと一日一日価値が下がることと在庫負担もかかるので売れ筋車種、タイプカラーの車やお得な特別仕様車に絞ります。必要最低限の工場オプションはつけてますが、それ以外のものは後付けできませんがディーラーオプションはいくらでも後付けできます。
さてどれぐらい安いかというと、まず一度登録しているのでもう中古車なので20万30万レベルで安くなります。
それに先ほどの販売支援金なるものがあるのでそれも値引きになります。メーカーやディーラー、その地方によって大きく違うのでハッキリしたものは判りませんが大変お得なのは間違いありません。

それと登録諸費用ですが新車を購入するときにかかる重量税がいらないのと取得税も中古車になるので利率が変わるので全然ちがいます。
こんな未使用車がでてくるのが決算期が多い3月、9月明けの4月10月なので新車購入をお考えならこの時期にディーラーを訪れてみればいいでしょう賢いお買い物ができるはずです。