新車購入ならお得な未使用車(新古車)をお薦め

よく耳にする未使用者(昔は新古車といっていた)とはどういうものでしょう。簡単にいうとカーディーラーが自社の名義で新車登録したものです。これはディーラーの販売目標達成のために転売前提に自分で買った車ということです。これを自社で一般客に売ったり中古車業者に流したりしています。
自動車メーカーやカーディーラーの決算期3月や九月にあわせて出荷や仕入れに販売支援金等という安く売るための対策費をメーカーがディーラーに出し拡販させようとするものです。
メーカーは一般客に登録販売されようがディーラーが自社で登録しようが数字さえ上がればいいのです。
ディーラーはメーカーとの契約ノルマの台数によって仕入れ値が変わったりするので、それを見越して安く売ったりしているので契約仕入れ台数は絶対達成しなくちゃいけないので不足分をこの時期に仕入れ、一旦自社で登録し未使用の中古車として一般客に販売するのです。
現車はほぼ輸送時と保管場で移動させた僅かな距離しか走ってないものばかりです。
メーカーは素早く転売しないと一日一日価値が下がることと在庫負担もかかるので売れ筋車種、タイプカラーの車やお得な特別仕様車に絞ります。必要最低限の工場オプションはつけてますが、それ以外のものは後付けできませんがディーラーオプションはいくらでも後付けできます。
さてどれぐらい安いかというと、まず一度登録しているのでもう中古車なので20万30万レベルで安くなります。
それに先ほどの販売支援金なるものがあるのでそれも値引きになります。メーカーやディーラー、その地方によって大きく違うのでハッキリしたものは判りませんが大変お得なのは間違いありません。

それと登録諸費用ですが新車を購入するときにかかる重量税がいらないのと取得税も中古車になるので利率が変わるので全然ちがいます。
こんな未使用車がでてくるのが決算期が多い3月、9月明けの4月10月なので新車購入をお考えならこの時期にディーラーを訪れてみればいいでしょう賢いお買い物ができるはずです。

車に対しての妻からの意見

昨日、妻から車について、一言言われました。私は週休一日で時間もなく、車に乗るのも週一日、妻は免許がなく車を乗りません。生活費を見直したという妻から、車ってどうなの?って言われました。維持費ばかりかかるんじゃないと?見直しも考えてると。しかし、私はなんとなく聞いていただけで、それほど気にもとめません。私は車を手放したり、処分したり気はさらさらありません。車がないと、何かと不便です。あったものがなくなると、必ず不都合を感じるはずです。うちは四人家族ですが、買い物やちょっとしたお出かけでは、やはり車は使いますからね。私は現在、ホンダのモビリオを所有しています。もう随分長いこと所持しています。乗りつぶすまで乗ろうと思っています。まだ乗れるうちは乗るべきです。確かに維持するにはお金はかかります。できれば、車もそろそろ買い変えたいなとの思いもあります。次にほしいのはホンダのステップワゴンかニッサンのセレナがいいです。ホンダのステップワゴンが第一候補でありましたが、以前、ニッサンのセレナを運転する機会があった時、乗り心地が全然よかったことと、モビリオより大きいのですが、思ったより小回りが利いて、運転もしやすかった好印象を持ちました。次に買う車はステップワゴンかセレナにするか非常に迷うところがあります。どちらもそれぞれいいところがあります。これまでホンダ車を長年乗ってきたので、そのあたりの安心感もありますが、セレナもよかったですね。

使い勝手の良い我が家の車について

我が家は自動車を2台所有しているのですが、その内の1台であるトヨタ シエンタの使い勝手の良さについて紹介します。この車は、2人目の子供が生まれた8年前にコミコミ価格90万円で中古で購入したものです。 購入時に既に6万キロメートルを走行しており4、5年乗るつもりで購入したのですが、その使い勝手の良さから今も現役で活躍してくれてます。既に15万キロメートル近く走行したのですが、故障なく走り続けてくれています。
この車の使い勝手が良いと感じる1番の要因は、何といってもコンパクトなボディで沢山の荷物を積む事が出来る事です。そして、3列目のシートを出せば7人まで乗れる優れものです。子供が幼稚園の頃までは、子供を3列目のシートに乗せ、私の両親も含め、6人でよくお出かけをしました。2人の子供が小学生になった今では、子供の体型でも3列目が窮屈なようですが、それでもいざという時に7人乗れるのは便利です。また、女性の私でも取り回ししやすいコンパクトなボディは、立体駐車場などの狭いところでの車庫入れも苦になりません。
次に使い勝手が良いと思うのは、電動スライドドアです。買い物で両手が塞がった状態でもリモコンでドアが開かれるのは非常に便利です。
さらに、古い車なのに燃費がそれなりに良いのも手放せない点です。最近のハイブリッドカーに比べると劣ると思いますが、コンスタントにリッターあたり12キロメートル以上は走れるので比較的お財布に優しいです。
このように、古い車ではありますが使い勝手の良いバランスの取れた車なのでもう暫く活躍してもらおうと思っています。